固定電話にも様々なプランがある

オフィスやお店などを経営する上で、必要不可欠な固定電話。しかし、固定電話にも様々なプラン内容があるのをご存知でしょうか?主にどんなプラン内容があるのかを把握して、自身の会社に合ったものを選んでいきましょう。

固定電話サービスの主なプラン内容

  • 電話・FAXを1着信ずつすることでどちらの番号も設定できるプラン
  • 電話とFAXの番号を別個に用意できる+クレジット決済が可能なプラン
  • 電話を2着信可能にすることで2人同時に電話が受けられるプラン
  • 電話とFAXの着信が可能+インターネットができるプラン

契約する前にしておくべき準備とは

固定電話を導入する前に、まずは確認しておくべき事項がいくつかあります。どのようなことを確認しておけばいいのか、詳しく見ていきましょう。

固定電話を契約する前にやっておくべきこと

通話

導入する電話の台数を決めておく

固定電話を会社などに導入する際は、まず何台必要なのか台数をきちんと決めておくようにしましょう。必要な台数が分からない場合は、従業員の人数や会議室の数を考慮した上で導入する電話機の数を決めるといいです。目安としては、小・中規模の会社だと13台〜32台、大規模の会社だと34台ほどが丁度いい台数と言えます。

電話回線の数と電話番号の数を決めておく

次に、電話回線と電話番号の数を決めておく必要があります。しかし、ここで注意しなければならないのが必ずしも電話機の数分、電話回線も準備しなければならないわけではないということです。電話回線の数は、同時に使用することが多い台数分を契約するといいでしょう。また、電話番号においても電話機と同じ数だけ用意しなきゃならないというわけではなく、基本的に「会社の代表者用」「部署ごとの番号」「各部署のFAX番号」さえあれば賄うことができます。

利用するプランを選んでおく

固定電話を導入する際は、利用するプラン内容をしっかり選んでおくことが大切です。プランによって契約内容も様々ですから、それぞれの会社で適切なプランも異なるでしょう。そのため、事前にきちんとプランの内容を確認し、会社に合ったプラン内容で契約することをおすすめします。

固定電話の導入は専門業者にお任せしよう!

固定電話

スピーディーに対応してくれるから安心

固定電話がないと、お客様からの問い合わせや取り引き先とのやり取りがスムーズにできなくて困りますよね。しかし、固定電話の導入を専門的に行っている会社に依頼すれば、素早く電話を導入してくれるので安心です。キャンペーンなどを利用すれば、安く導入できることもあるため、どんどん活用していきましょう。